桜貝のうた

美(うる)わしき さくら貝一つ
去りゆける きみに捧げん
この貝は 去年(こぞ)の浜辺に
われひとり ひろいし貝よ

あぁ なれど わが思いははかなく
うつし世の 渚に 果てぬ

TOP
次へ。船頭小唄