プロフィール


終戦の年に女学校を卒業した私は
青春の喜びを何も知らずに結婚した

二人の息子が独立した年、これからの自分の人生を見つける為
52歳で初めて
アフリカのケニヤを訪ねた
帰国してからの私は物の考え方が全く変わったことに気がついた。

その年から自由奔放な
手織り「SAORI」の世界に飛び込み
創作、指導に20年、
そして、初めて海外旅行を許された体の弱い妹と
二人だけの、
とんでもない海外旅行が始まった。
&
70歳で初めて知ったパソコンの面白さに虜になったのである。
意地と根性、底知らぬ好奇心、そして真似っこ乞食の私は
先の見え始めた残り少ない
人生を思う存分楽しんでいる。

詰まらなかったら戻ろ〜
二人の涙と笑いの人生を書いた
「パ子とパコ丸のEメール」
出版の紹介はパソコンのところで見てくださいね。